So-net無料ブログ作成
検索選択

doa インストアイベント [doa]

行って来ました。(すさまじく長い日記であります、覚悟して読んで下さい…)

 

結構朝早くから現地に行ったのに、既に何十人か並んでいて、ちょっと驚き。

友達と二人で延々二時間以上並びました。寒かった…

前に並んでいた人達といつの間にか仲良くなり、ずっとワーワーおしゃべり。

全員が松本ヲタで、しかも本日は大田さん目当て、という偶然もあり

なんだかんだと爆笑しながら開場を待ちました。

係の人に「この辺の方々は確実に中に入れますので、しばらくお待ち下さい」と言われ一安心。

後ろを見るとすごい列が続いていて、さらに向かいの歩道にも長蛇の列。

係の人がそちらに行き、何やら説明。

何十人かの人達は中にも入れない、という事で解散させられてました…

なにげに凄い人気じゃないですか、doaさん!

 

ブルブル震えながら、ようやく開場。 立ちっぱなしだったので足が動かないよ…

階段をぐるぐると上って、シアターのような場所に入ろうとしたら

「こちらの方から立ち見になりますので…」 って私たちの前の人達が言われてる。

えええ…って凹んでいたら、ステージに向かって右端の通路に行くよう指示され

気付いたら前から2列目に相当する位置に立ってました。 おわー!近い!

全体の座席数が80くらいで元々狭い会場だったのですが、それにしても

私たちの位置はかなり素晴らしい。

もう少し早く並んでいたら後方の座席になるトコだった。絶妙の並び位置だったわけですな。

 

目の前が控え室の入り口みたいなので入退場も目の前で見られるに違いない。

ていうか徳ちゃんが座るであろう位置まで3メートルくらいだよ。

残念ながら大田さんの位置とは反対側だったんだが、それでも約5メートルくらい。

うわーうわー!とテンション上がりまくりの我々一行。意味もなく化粧直したりして。

 

場内のスクリーンに流れるPVを観ながら開演を待つ。

は、早く大田さんを見たい…大田さんをっ!

(PV観てて驚いたのですが、大田さんが映るたびに歓声が上がるんですよ。

もしかして今すごい人気?大田さんに風が吹いてる?ファンイチオシ?)

ほどなくするとPV上映が突如終わり、湧き上がる歓声。心臓ドッキドキ。

 

予想通り、目の前の扉が開いて、念願の大田さん登場。

きゃあああーーーーーー!!! かっ、可愛いーーーーーー!!!

順に、大樹、徳ちゃんも入場。 徳ちゃん顔小さっ!!

ギターを抱えて座る大田さんに目が釘付け。 ああ、マジ素敵。

徳ちゃんは5弦ベース(多分)を持ってました。大樹は手ぶら。まあそりゃそうだ。

天然リーダー徳永さんの発言にツッコミ入れる大樹。チャチャ入れたり、話に興味ないフリしたり。

今まで大樹にはそれほど関心なかったのですが、笑顔が可愛くてサービス精神旺盛でちょっと惚れた。

会話する二人とは全く関係ないような顔で、まるでBGM担当のようにギターを奏で続ける大田さん。

いいなあ。 何だろうこの仲良しホンワカな雰囲気。個々のキャラが確立されてて素敵。

余りに大田さんが会話に入らないため、二人が無言になり、大田さんを凝視。

場内がしーんとすると、ようやく顔を上げ「え?」とか言う大田さん。

あー、いいわ。最高だわあなた。二人が話してる時にいきなりギターのチューニング始めちゃうし。

音が全てマイクに拾われてるので、会話の背後に「ちゃらり~~ん(半音ずつ上がったり下がったり)

という音が延々かぶさって面白すぎる。

会場も思わず笑い、徳ちゃんが「チューニング大丈夫ですか?」とツッコミ。

 

とにかくステージと客席の間が近いので、私たちがこそこそ話してる会話も彼らに丸聞こえ。

友達と二人で、ひそひそ声で「大田さーん、大田さーん」と呼ぶとこっち見てくれたり。

きゃー!って声にならない声をあげつつ(ほとんど息だけ)手を振るとニコニコ笑ってくれる。

途中、客席から「大田さーん、サングラス外してー!」という声がかかり、

大田さんは頑なにそれを拒否。 「ここに(耳の辺りを指差し)くっついてるんで」と逃げる。

それを受けて徳ちゃんが 「今、サングラスを外せないのは大田さんとHGだけですね」と発言。

思わずブログの大田HGイラスト(大樹画伯作成)を思い出したので、前の人と

「ブログのアレみたい」って笑ってたら、徳ちゃんが 「そそ、ブログの!あれあれ!」

……って話を取らないで下さい徳永さん…聞こえたんですか。

その後大田さんがあのイラストと同じポーズをしてみせたりして爆笑ものでした。

 

肝心のライブですが、キャンドルや火の鳥のようになど合計4曲を歌ってくれました。

個人的には危険なカーブを歌って欲しかったけど、アコギとベースじゃ無理だよね…

 

最後、「ブログに載せるんで、僕たちと一緒に写真に入ってくれますか?」と呼びかけ

ファンが中央付近に大集合。多分全員は入りきれてないでしょうが、ブログ更新楽しみです。

 

それで退場っぽかったので、あらかじめ用意した大田さんへの差し入れ(芋焼酎…)を片手に

必死に名前呼びました。 手がちぎれそうなほど前に差し出しながら。

が、大田さんは自分の近くのファンの人から順にプレゼントを受け取っていて

なかなか目の前に来てくれない…あと1メートルこっちに来て!

と、いきなり目の前にいた徳ちゃんが手を出し、「大田さーん!」と叫ぶ私に向かって

「はい」って袋を受け取る仕草を。 しかも少し苦笑して申し訳なさそうな顔をしながら。

あらっ!と思いながら渡してしまいました。

散々大田さんの名前を叫んでいたから、代わりに受け取って下さったんですね…す、すみません…

退場時間も決まってるでしょうし、早く受け取って戻らないといけなかったんでしょうね…

リーダーごめんなさい。そしてありがとうございます。

 

そしてその後。

「只今一階が大変混み合っておりますので、退場はしばらくお待ち下さい」とのアナウンスがあり、

場内でボーっとしてました。

ら。

おもむろに控え室の扉が開き、再びdoa登場。

なんと私たちがいた通路を通って外に出るという嬉しい状況に。

係の人がガードしてるとはいえ、すごいもみくちゃ。普通には通れなくてカニ歩きする御三方。

きゃー!と思いながら、退場する大田さんの胸を思いっきり触ってしまいましたよ…幸せ…

目の前約30センチで見る大田さんも素敵でした。

「大田さんっ!」と叫ぶファンの声に小さく「はい、はい」って応えてましたよ。ああ可愛い。

大樹は割と平気な顔で、笑いながら普通に歩いてましたが(大物なんだな、この人)

徳ちゃんは終始「うわ、いたたたっ」っていう苦笑を浮かべていて、それもまた可愛かったです。

それにしてもどうしてあの場所から退場したんだろう??

会場に入りきれなかったファンのために表から出て顔見せしたんでしょうか。

朝、係の人も「こんなに集まるなんて」って慌てていたし、

徳ちゃんも「なんか入りきれないくらい集まっていただいたみたいで…」って恐縮していたので

きっとファンサービスしたんだろう、と勝手に予想。

 

仕事の都合をつけるために、シフトを交換してもらったり(その分後々がハードなシフトになりました)

苦手なラッシュに揉まれたり、ダッシュで会場まで走ったり、大変だったけど行って良かったです。

doa好きになって良かった。最高に楽しくて素晴らしいイベントでした。

今回の時間が短かったので、いつか本当のライブをやる時は絶対行こうと誓いました。


2006-01-16 20:53  nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

タマコ

こんばんは☆
私も行きましたよ~♪
本当に最高でしたね(>_<)!
doaに出会えて良かった~ってマジで思いました!!

ちなみに中に入れず出待ちしてた人たちは、3人と握手できたそうですよ。これもdoaの優しさですね☆
by タマコ (2006-01-17 20:40) 

いなたく

こんばんは♪
本当に死ぬほど楽しかったですね。あの日はずっと夢見心地でした。
doaにハマって良かったなーと痛感しましたよ。
何であんなに良い人達なんでしょう?人柄最高じゃないですかっ!
あれだけ人が集まるのだから、そろそろツアーやって欲しいですねー。
by いなたく (2006-01-18 17:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。